登山

【山ごはん】じゃがマッシュ/フリーズドライ4種を組み合わせてみた

山ごはんは、美味しいだけでなく、しっかりカロリーが摂取でき、軽量コンパクトであることも重要です。

先日筆者は、ヒマラヤへ行くある登山家の記事を読んでたのですが、その方が食材として持っていくものが紹介されていました。

その中のひとつにあったのが「じゃがマッシュ」
本格的な登山家の方が実際に持っていってるんだから、きっと登山にメリットあるのだろうと興味が湧きました。

そこで、どんな食べ方をしたら良さそうか試してみたくなり、早速Amazonで購入。
4種類のフリーズドライと組み合わせて食べてみたので、レビューします。

この記事でわかること

登山家が山へ持って行く食材「じゃがマッシュ」と他のフリーズドライを組み合わせるとしたら、どれが良いか。

ベレー

この記事を書いている私は、 自衛隊・フルマラソン・バックパッカーの経験ありでアウトドア・旅行が趣味の、リフレッシュ大好き人間です。

じゃがマッシュ+フリーズドライは「山ごはん」に使える

じゃがマッシュを知らなかったので、そもそもどういうものか調べてみました。

  • カルビーポテトから販売されているインスタント食品
  • お湯や温かい牛乳をかけて混ぜるだけでマッシュポテトができる
  • 「プレーン」と「ほんのりバター」味がある
  • プレーン:100gあたり 366kcal
  • ほんのりバター:1袋35gあたり 128kcal

カルビーポテトの公式ページ じゃがマッシュ

私はほんのりバター(1袋35g)を購入しました。

ただ、これだけだと当然カロリーも足りないし、お腹も満足しません。
それにバター味だけでは物足りないので、他のフリーズドライと組み合わせることにしました。

今回4種と合わせて食べてみたのですが、美味しくてボリュームも出たので、十分山ごはんとしてイケることが分かりましたよ。

じゃがマッシュ+フリーズドライ4種を試してみた

スーパーやドラッグストアで手に入りやすい、フリーズドライ商品4種をピックアップ。

カレーメシ(キーマ)

まず1つ目は「キーマ カレーメシ」。

アウトドアで食べるカレーって本当に美味しいですよね。
ジャガイモとの相性も抜群なので、じゃがマッシュとの組み合わせも、不味いわけがありません。

カロリーと重量

品 名カロリー重 量
じゃがマッシュ128kcal35g
キーマ カレーメシ450kca105g
組み合わせの 合計578kcal140g

参考として、カップ麺ウインナー3本持って行く想定と比較してみましょう。

品 名カロリー重 量
カップヌードル(レギュラー)351kcal35g
ウインナー(シャウエッセン)約204kcal約66g
組み合わせの 合計約555kcal約144g

比較すると、じゃがマッシュ+カレーメシは、エネルギーも十分ですね。

実食

カレーメシをクッカーに入れる

カレーメシとじゃがマッシュに必要なお湯を計量し、沸かします。

カレーメシにお湯を注ぐ
※じゃがマッシュ分を残しておく

蓋をして待っている間に

残りのお湯を、クッカーに入れたじゃがマッシュに注いで混ぜる。
ちょっとお湯が足りなくてパサパサってことは...

時間を置いたカレーメシを混ぜ混ぜ。
ぬぬぬ、シャビってます。
やっぱりこちらにお湯を入れ過ぎました...。

別々に食べても良いですが、カレーメシの中に投入してみました。

最初は別々に食べてみたものの、入れても美味しくいただけました!
じゃがイモとバター風味が入ることで、コクがプラスされます。

作る時の注意点は、お湯の量は後で足して調整することができるので、最初に入れ過ぎないことですね。
もしくは、宿泊登山でゴミを最小限に抑えたいというわけでなければ、カレーメシはカップのママ持って行く方が分かりやすいのでお勧めです。

チーズリゾット

2つ目は、アマノフーズの「完熟トマトのチーズリゾット」。
洋風と洋風なら、全然いけそうな取り合わせです。

カロリーと重量

品 名カロリー重 量
じゃがマッシュ128kcal35g
チーズリゾット97kcal24.1g
組み合わせの 合計225kcal59.6g

参考

カップヌードル+ウインナー3本の合計

カロリー:約555kcal  重量:約144g

重量も軽いですが、カロリーも低め。
おにぎりかパンなど何かもう1品必要ですね。

実食

クッカーにじゃがマッシュ、チーズリゾットを入れます。
面倒くさいので、一緒に入れちゃいました。

お湯を注いで混ぜ合わせます

見た目が離乳食のようなでちょっとアレです。

両方一気に混ぜ合わせるのは失敗だったかもしれません。
味は問題ありませんでしたが、見た目のせいか、あまり「美味しいな~」という感じはしませんでした...。

日帰りの登山で山ごはんを楽しむ目的では、私は持って行かないなと思います。

ビーフシチュー

3品目目は、アマノフーズの「ビーフシチュー」。
カレーと同様、間違いのなさそうな組み合わせです。

カロリーと重量

品 名カロリー重 量
じゃがマッシュ128kcal35g
ビーフシチュー102kcal23g
組み合わせの 合計230kcal58g

参考

カップヌードル+ウインナー3本の合計

カロリー:約555kcal  重量:約144g

こちらもカロリーが控えめなので、パンを追加すべきですね。

実食

クッカーにじゃがマッシュ、ビーフシチューを別々に入れる

お湯を注いで混ぜます

持参した乾燥パセリをかけました。
見た目UPですね。

普通に間違いのない美味しさ。
食べ合わせとしてもバッチリなので、問題はこれだけではカロリーも満足感も足りないというところです。

パンを持って行く美味しく食べれそうなので、私的に登山に持って行くのはアリだと思います。

牛とじ丼

最後4品目は、アマノフーズの「牛とじ丼」。
こちらは、以前他の人のサイトで紹介されていた組み合わせです。
割とイケるとのことだったので、楽しみです。

カロリーと重量

品 名カロリー重 量
じゃがマッシュ128kcal35g
牛とじ丼99kcal22g
組み合わせの 合計227kcal57g

参考

カップヌードル+ウインナー3本の合計

カロリー:約555kcal  重量:約144g

これだけでは足りないので、おにぎりを持って行くと良いかもしれません。

実食

じゃがマッシュ、牛とじ丼をクッカーに入れる

お湯を入れて混ぜれば完成。超簡単。

本当にマッシュポテトと醤油ベースのものがあうのだろうかと疑ってましたが、全然イケるじゃないですか!
また食べたくなる味でした。

「じゃがマッシュ」+各種フリーズドライ、パンやおにぎりも持って行こう

4種のフリーズドライを試した結果、筆者的に登山に持って行く優先順位はこうなりました。

1位 カレーメシ

  • 1品だけでカロリーが十分足りており、追加で何か持っていく必要がない
  • 美味しい
  • カレーメシをカップのまま持って行けば、クッカーが小さめ1つで済む

2位 牛とじ丼

  • 味が好みだった
  • おにぎりでも合いそう

3位 ビーフシチュー

  • 暖かい汁物として寒い時期に食べるのはアリ
  • 味も美味しい

4位 チーズリゾット

  • 長期縦走でバリエーションが欲しい時にはアリかも
    普段は持って行かないと思う
  • 食感が柔らかすぎるし(リゾットなのでしょうがない)、見た目がちょっと...だった

全体的に、お湯を沸かすだけで超簡単に作れるので、宿泊した時の朝ごはんにも向いているかもしれません。

以上フリーズドライ4種とじゃがマッシュの組み合わせ比較でした。
山ごはんにしようと検討されている方のご参考になれば幸いです。

他にも、お手軽山ごはんの記事がありますので、よろしかったらご覧くださいね!

あわせて読みたい
あわせて読みたい

それでは、良いリフレッシュを!

-登山