旅・外遊び

【東北】電車とバスで3泊4日の撮影ひとり旅【青池編】Day3

東北に来たからには、絶景スポットを訪れたい。
ついでに素敵な写真を撮りたい。

そう考えている方は多いのではないでしょうか。

私もそんなひとりで、せっかく買った一眼レフカメラを練習したい気持ちで、鼻息荒く東北の絶景スポットを検索しました。

そこで見つけたのが「青池」です。

なんでしょう、この幻想的な感じ。
しかも、白神山地だなんてナイスなロケーション。
行くしかない!!

東北の旅3日目は、朝イチで「青森駅」を出発し、途中下車して「十二湖」を観光。
夕方「秋田駅」まで移動する内容でおおくりします。

この記事でわかること

東北の絶景スポット「青池」を含む十二湖を、観光列車で旅する魅力

リゾートしらかみの車窓より

この記事を書いている私は、 自衛隊・フルマラソン・バックパッカーの経験ありでアウトドア・旅行が趣味の、リフレッシュ大好き人間です。

リゾートしらかみに乗り、東北の絶景スポットのひとつ「青池」を撮影に

「白神山地」と「観光列車」と「絶景」が同時に楽しめる青池の観光について、情報を簡単にまとめました。

青池ってどんなとこ

公共交通機関でのアクセスは、JR五能線「十二湖」駅からバスで行くことができます。

「青池」は十二湖に点在する池や湖の中で、コバルトブルーのその神秘的で群を抜いた美しさで人気の池です。

十二湖周辺は散策コースとなっており、青池のほか様々な池をまわることができます。また、白神山地エリアなのでブナ自然林を歩くことができるのです。

青池に行くなら観光列車「リゾートしらかみ」が楽しい

2泊目に滞在している青森から「青池」への行き方を調べると、青森⇒秋田間を運行する観光列車があり、途中下車して行けることがわかりました。

その列車の名は「リゾートしらかみ」

ローカル線を行く観光列車。
すごく気になる。

調べてみると、概要は以下の通り。

  • 青森秋田間を1日3往復運行
  • 全席指定席
  • 海沿いを走るので、日本海の絶景を楽しめる
  • 途中の駅で数十分停車して外に出ることができる
  • 車内イベントを開催していることもある

チケットは、普通に「乗車券+リゾートしらかみ指定席券」を購入するより、「五能線フリーパス+リゾートしらかみ指定席券」を購入するほうがお得です。

五能線フリーパスは現地で購入できるのですが、リゾートしらかみの指定席券は予約をしました。人気の列車なので、連休などの繁忙期は早めに予約しておいた方が安心です。

五能線フリーパスは2日間有効のパスなので、途中どこかで1泊するのも良いかもですね。

リゾートしらかみの詳細は、JR東日本のHPをご覧ください。

青森発⇒青池のある十二湖を観光⇒秋田着の旅へ

それでは十二湖へまいりましょー!

リゾートしらかみ2号へ乗車

青森駅でチケットを購入し、列車に乗りこみます。

青森を8:09発、十二湖には11:26到着予定です。

青森から弘前まではこのコンパートメントに一人だったんですが、途中から私の向かいに一人旅のおじさん、お父さんと小学生の男の子の親子と相席になりました。

私はボックス席で予約したのですが、何故ボックスにしたのか正直のところ思い出せません…。
恐らく普通席は予約がいっぱいで取れなかったのだと思います。
でも相席は相席で旅の趣がありますね。

車窓からの眺めが最高です。
3泊4日の中で、この日だけは絶対晴れて欲しかったのでホッと一安心。

青空、海、川。
観光列車ということで、窓も普通の列車より大きくて、景色を楽しむには最高です。

列車に乗っている間、津軽三味線の生演奏が聞けたり、特別景色の良いポイントではゆっくり走ったり。観光列車って初めて乗ったんですが、凄く良かったんで、また他の地方でも乗ってみたいです。

「千畳敷駅」に到着です。
この駅では、近くの観光スポット「千畳敷海岸」を見学できるよう、15分程度停車するので皆さん外に出て散策します。

1792年(寛政4年)の地震により隆起して出来た岩床の海岸です。
その昔、お殿様が千畳の畳を敷酒宴を催したといわれがあるそうです。

出発前には、汽笛を確か3回鳴らして教えてくれるので、置いて行かれないように戻りましょう。

青池のある十二湖

「十二湖駅」に到着です。

ここから、散策コースに行くためにバスに乗ります。

駅にはトイレやベンチ、コインロッカー、小さなお土産売り場があるので便利です。

十二湖駅の向かいにバス停があり、「奥十二湖駐車場(青池)」で下車します。

秋田駅に向けて乗車予定の列車(チケット購入済)の時間は17:04に十二湖駅発なので、時間が十分あります。
せっかくなので、青池だけではなく散策コースをぐるっとまわることにしました。

「青池」に来ました。

青いです!かなり青いです!
何が素敵って、光の当たり方が凄く神秘的なんです。
透明度が高く、木の隙間の光が反射してるんですかね、キラキラしています。

奥に続いている階段を、さらに進んでみましょう

青池周辺には結構人がいたのに、少し進むと全然人がいません。
静かにひとり白神山地を歩きます。

「沸く壺の池」に来ました。

「青池」とはまたちょっと違った綺麗さ。
いいです!凄くいいです!
私はむしろ青池よりこちらの方が好きかも。
青池は人が山ほどいたのですが、こちらはほとんど人がいません。撮影し放題でした。

また進んで暫く歩くと、車道に出ました。
左手には「十二湖庵」という休憩どころがあるのですが、私が行った時はちょうどお休みでした。

右側に見えてるのは、「落口(おちくち)の池」です。
ちょっと疲れたので、ここで休憩しつつ、カメラの「モーションラプス」という撮影方法の練習したりなんかして過ごしました。

いい時間になってきたので、スタート地点に戻りましょう。

バスの停留所に、「キョロロ」という施設があって、ここでお土産買ったり軽くご飯を食べたりできます。

バスに乗車したのは、なんと私ひとりで、貸し切りです。

たぶん私と一緒に列車を降りてここへ来た人たちは、もっと前のバスで駅に戻って行ったんだと思います。
私はのんびり撮影したかったんで、4時間以上いましたが、他の人は恐らく2時間くらいの滞在じゃないかなと思います。

予定通り「リゾートしらかみ4号」に乗り込み、秋田へ向かいます。
到着予定時刻は19時です。

この4号もボックス席を取ったんですが、相席は30代の男性で、その人もビデオカメラで撮影してました。

お互い一眼やらビデオやら撮ってて、顔を見合わせて会釈し「この人Youtuberかな」とか思いながら、謎の一体感がありました。

秋田で食べた「きりたんぽ」の美味しさに感動

秋田駅に到着です。

奥の方に、なまはげが見えてますね。

できれば男鹿半島一周して「なまはげ文化」に触れる旅もしたかったんですが、残念ながら翌日台風が近づくということで、諦めました。

右の方に見切れてますが、秋田犬もいますね。

ホテルに一旦チェックインして、近場の居酒屋「酒楽亭うみひこ」さんへ入りました。

ハタハタと日本酒の飲み比べセットを頼んだんですが、やっぱり米どころですね、めちゃくちゃ美味しい^^

あと、きりたんぽ!! 

初めて食べたんですが、こんなに美味しいものを今まで食べたことがなかったなんて、本当に人生損した気分です。

美味しさに感動して、年末には「きりたんぽ鍋セット」を楽天で注文して、家族で鍋を作って食べたんですが大好評でした。
東北は、仙台も青森も秋田も、グルメだけでも来る価値が十分ありますね。

まとめ/青森⇒秋田は観光列車で「車窓」と「白神山地」を満喫しよう

車の旅も便利で良いけど、車窓からの景色をゆっくり眺められる列車の旅も良いものだと、改めて実感しました。

十二湖の散策は、アップダウンがなく平坦な道なので、どなたでも楽しめる素敵なスポットだと思います。

最後に、本記事でお伝えしたかった内容をまとめます。

  • 東北の絶景スポットのひとつ、「青池」は幻想的なキレイさ
  • 青池のある十二湖へのアクセスはリゾートしらかみが楽しい
  • リゾートしらかみは、早めに予約した方が良い
  • 乗車券は「五能線フリーパス」がお得
  • 青池だけでなく散策コースをまわるのもおすすめ

4日目も後ほど発信しますので、またご覧くださいね。

2日目「平泉/中尊寺」のレポートがまだの方はどうぞ♪

あわせて読みたい

また、今回の東北の旅のルート・持ち物・予算や目的などの全体像の記事もありますので、よろしかったらご覧ください。

あわせて読みたい

それでは、良いリフレッシュを!


※2019年の旅行時点での情報になります。
※本記事は新型コロナウィルスによる自粛期間中でのお出かけを推奨するものではありません。
※新型コロナウィルスやご訪問先の情報をご確認のうえお出かけください。

-旅・外遊び